芸人粗品のフリップ芸〜次の物を英語で答えなさい〜に答えてみた

人物

PVアクセスランキング にほんブログ村

高校生の時、なにを血迷ったか漫才師を目指しているときがあった。

学生お笑いステージに一度だけ立ったことがある。

三鷹駅前のなんとかホールで知らないお客さんの前で漫才を披露した。

その時、私は若かりし頃の粗品に出会っている。

こやけ!から始まるフリップ芸を目の当たりにし絶句した。

10代でこんなに面白い人がいるのかと恐怖を感じた。

今日はそんな天才粗品のフリップ芸に出てくるネタ

次の物を英語で答えなさい

こちらに答えていきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①バッグ・クロージャー

食パンをとめるアイツ

正式名称を「バッグ・クロージャー」という。

アメリカ生まれ。

クイック・ロック・ジャパン株式会社が製造販売してます。

日本では埼玉県川口市の工場が唯一製造しておりその数、年間30億個

よく目にするバック・クロージャーの型番は「J-NRP」

まったく役に立たない知識だが友達にドヤって説明してあげよう。

ぜひ埼玉県の特産品として、ふるさと納税の返礼品に加えてもらいたい。

スポンサーリンク

②クッションドラム

別名「道路のヴィーナス」

秩父産業株式会社より引用

彼のおかげでいくつの命が救われたことか。

どんなに衝突されても道路に立ち続けるその姿には脱帽

ちなみに彼の体の中はこのようになってる。

株式会社日保より引用

名前の通りクッションが入っている。

人をダメにするクッションならぬ、道路を良くするクッションだ。

クッションの代わりに水や砂、融雪材が入っていることもある。

ぜひ、一家に一台購入していただきたい。

お値段は1万円〜3万円程度

父の日のプレゼントとしてどうでしょうか?

ちなみに、彼を日本語では「衝突衝撃緩衝具(しょうとつしょうげきかんしょうぐ」という。

ワンピースのゾロが必殺技として使いそうな名前だ。

スポンサーリンク

まとめ

友達にドヤって教えてあげよう。

そうすれば、君はうんちく博士の称号を得られるでしょう。

よく見るけど名前がわからないモノをこれからも探究していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました